スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|2017.01.13 Friday|-|-|-|by スポンサードリンク|

生き抜きたいという強い生命力  (7)



 そんなことを色々考えたりして、手術が始まってから13時間後の午後10時過ぎ、手術は終わりました。執刀医の先生から、終わってすぐにお話がありました。

 「手術は、無事成功しました。人工心肺をはずしてからも友貴ちゃんの心臓は自ら動いています。まだ、目は話せませんが、手術はうまくいきましたので、心配いりません。」

 通常、染色体に異常がある場合、胎児は育たず50%以上は流産してしまうそうです。流産した羊水などを調べると、染色体に異常がある場合が大変多いと、ある記事に書いてありました。

 にもかかわらず、友貴は無事この世に誕生し、この成功率の低い、心臓を停止させての13時間にも及ぶ大手術をも乗り越えたのです。なんという生命力の強い子なのだろうか。これほどまでにして「生き抜きたい」という友貴の強さを感じました。

 妻と話しました。「私達が考え違いをしていたようだね。本当は、私達が今の現実からただ逃げたかっただけなのだ。間違っていたね。


 これから、友貴を大事に一生懸命育てて行こう。たとえ誰に何を言われたとしても、私達が強くなればいいのだよね。友貴はどんなことがあっても生きたいのだから。」

 友貴の生命力の強さから、自分達の人間の弱さに気づかされたのです。そして、夫婦二人誓いました。

 絶対にこの子を幸せに導いてみせるぞと。

 術後の経過もよく、友貴は集中治療室の中でがんばっていました。

 一方、父の抗癌剤治療の方も順調に進められていたのです。

 本年8月から色々あった5ヶ月間は、あっというまの出来事でした。1998年(平成10年)の正月を迎える時期となりました。当然のごとく、2世代そろって院内での正月を迎え、過ごすこととなりました。(つづく)



■肥満予防とメタボリックシンドローム対策講座
■料理レシピ
■サザエさん一家の血液型は?
■名言集・格言集・人生訓
■耳ツボダイエット店紹介
■美容健康グルメ食品その他カタログ
■「パニック生涯」発症から12年(私の体験日記)








|2008.04.13 Sunday|生き抜きたいという強い生命力(7)comments(0)trackbacks(0)|by 愛という名のもとに
 

カテゴリ Others リンク
Others

ページの先頭へ